2012年8月22日水曜日

クイズ

さてここで問題です。

これは何でしょう?



「駄菓子屋の20円くらいのゼリー」

ブブー。ちさこさんの長女ちゃん、違います。

正解は、

家庭用井戸水検査セットの検査結果状況でした。

、、、、、

ま、まぁ特に盛り上がらないのは覚悟していましいたけど、、、。



あ、みなさんまたお会いしましたね!

すももの赤いつゆは体に良くなさそうと思いつつも飲み干す派の私です。

こんばんは。

ちなみに検査結果は「ごく普通の水」という事でした。

使用期限切れなんで信憑性に欠けますケド。

でも理科の実験みたいで童心にかえって楽しんでやりました♪


さて、


明日の新聞折り込みチラシに三十祭の記事が載るそうです!

井戸端カフェというフリーペーパーです。

白井市含め近隣の市に配られるそうで結構な規模と思われます。

こんなのやってるんだって三十祭を知ってもらうきっかけになったらいいなー。

よかったら明日の新聞気にしてみて下さいね。


そういえば今日の折り込みに夏祭りのお知らせがありました。

去年も行ったのにすっかり忘れてました、いかんいかん!

地域のお祭りが縮小傾向にある昨今ですが、太鼓とやぐらと盆踊りと出店とっていう夏祭りが

無くなっていってしまうのは寂しいな~と思います。

小さい頃は太鼓の音が遠くから聞こえるだけでうきうきしたものです。

今年も盆踊り踊るぞ!たぶん!

というかもう八月終わりか!







2012年8月20日月曜日

つくるは繋がり



せんじつ、群馬県のお山に住む友人を訪ねました。

日曜日、となりまちの朝市に連れて行ってもらいました。





そこは、

野菜を育てる人

綿花を育てて糸を紡ぐ人

梅しごとする人

お菓子を作る人

カレーを作る人

珈琲をいれる人

ピザを焼く人

オーラソーマをやる人

玄米おむすびをつくる人

色んな人がいました。



三十祭のメンバーで

朝市みたいのやりたいねって話してたので

とても新鮮で、楽しかった。



みんな、気軽に参加していて

街のふれあい場の様な感じがした。

行くと知ってる人に会えるんだって。

子どももおとなも楽しそうだった。

元気だった。



三十祭はお祭だから

もっと生活に密着したような

朝市みたいなのもいいよね。


誰でも気軽に参加できて作ったものを売れるの。

その日は、色んな知り合いの顔が見えて、

お喋りをして。

最初はあんまり、慣れてないので上手く作れないのだけど

市に参加し続けて行くうちに

どんどん上達して。


いつの間にか、色んなことができる人が集まって

おもしろい街になって。

市に来た人も何か作りたくなって、

買った野菜でおいしいお料理を作って

家族に喜ばれて

嬉しくなって、

次の週末には友人を招いてごはんを振る舞って。

招かれた友人も何かやりたくなって

市で手に入れた布で服をつくってみたら好評で

ごはんのお礼に服を作ってあげたり。



そんな風に広がって

生活がより、楽しくなっていきそう。


素材を作る人

その素材で何かを作る人

作られたものを使う人

作るが繋がって

循環ができるといいなー。



もしも、開催したら遊びに来てください。


   
                                  ゆみえ