2013年12月31日火曜日

駐車場代とヨガの参加費を寄付いたしました。



今年の三十祭も、とても気持ちのよいお天気でした。

たくさんの方に、ご来場いただきましてありがとうございました。

第一回から、カーボンオフセットの意味を込めて、駐車場代をいただき、

そのお金を緑の活動をしている団体に寄付させていただいています。



昨年までの2年間は東日本大震災の影響で漁船が使えなくなってしまった

三陸・宮古の漁師さんたちに漁船を買ってもらおう!という

【リクルマイLOVEBOAT募金】にお金を送らせていただきました。



今年は、白井、印西のはらっぱを守ろうと活動してくださっている

谷田武西の原っぱと森の会】に寄付させていただくことにしました。

三十祭の開催の神々廻からも近いはらっぱで様々な活動をなさっています。



ヨガの参加費をまきこ先生からお預かりしているので、こちらも併せて

原っぱと森の会に寄付させていただきました。



駐車場代―5636円

ヨガ参加費―9270円
             *まきこ先生から参加費をお預かりしています。

合計14906円を寄付させていただきました。



みなさまのお気持ちに感謝いたします。

私たちの子どものそのまた子どものもっと先の子どもたちにも(もちろん大人にも!)

素敵なはらっぱが残りますように。


報告が遅くなってしまってごめんなさい。
良い年をお迎えください。






                           ゆみえ



2013年10月13日日曜日

第6回三十祭 無事開催しました!



第6回三十祭を開催いたしました。

遊びに来てくださったみなさま、ありがとうございました。




とても気持ちのよい青空の下、のんびり開催できました。

たくさんの方々にのんびりしていただきとても素敵な一日になりました。





はらっぱで過ごすことの気持ちよさ

手づくりのものが与えてくれるあたたかさ

心のこもった食べ物のおいしさに

出会っていただけましたでしょうか。





持っている、得意なことを持ち寄ってできあがった三十祭。

楽しんでいただけたなら、幸いです。




三十祭は多くのみなさまのご協力により、開催することができました。


はらっぱを貸してくださった方、

地域のみなさまや、ポスターやちらしを置いてくださったみなさま、

ありがとうございました。

出店者のみなさまもありがとうございました。


最後に、実行委員のみんなにも。

ありがとうございます。

また、来年はらっぱでのんびりしましょう。


         

                                 ゆみえ
 

2013年10月12日土曜日

いよいよ明日開催!!

気がつけば、

今年の三十祭はもう明日じゃないですか!

準備を始めてから、長かったような短かったような。


はらっぱが会場なので天候に大きく左右されるこの催し、

天気予報は、、、、、


晴れ~^^


気温も落ち着くようで本当に絶好のはらっぱ日和になると思います。

身近にある自然の中でのんびりした一日を過ごしてみませんか?

多彩な出店者の方々とご来場お待ちしております!

一覧と詳細はこちらからご確認下さい。

当日ここでしか出会えない手づくりの食べ物、真心のこもったクラフト品、

ワークショップ・体験が盛りだくさんです♪


そしてそして肝心の開催場所はここ↓ですよ!☆
(会場付近は所々道が狭くなっていますので通行の際はお気をつけ下さいませ)

それでは明日お会い出来るのを一同楽しみにしております。



2013年10月10日木曜日

お気に入りの食器でおいしいものを 森のはらっぱで




三十祭にむけて、準備を進めています。

「食堂ココ、シシバ」で販売するものを決めたり、

看板を手直ししたり、

竹で作るものはなにがあるかしら、と考えたり。


私は、管理不足で無くしてしまった三十祭の幕を作っています。
                   (すみませんでした。。。。)



「食堂ココ、シシバ」のスイーツは白井の名産、梨を使ったもの。

白井産梨入り、チバの名産ピーナッツの香りの「ココシシバさぶれ」

砂糖を使わない「梨パイ」

梨の食感を楽しめる「梨のタルト」


これらに使う、粉や砂糖、バターも買ってきました。

いつも、私が使っているもので、すべて国内産。

そして、おいしいです。

(私はお菓子を作ったり、料理をしたりするのが仕事です)


梨は、そのまま生で食べるのが一番ですが、

秋になって来て、気温も下がってくると

ケーキやサブレにして食べるのもとってもおいしいです。





「食堂ココ、シシバ」では

今年は、食器を持参してくださった方にありがとう返金をおこないます。

ぜひ、お気に入りの食器をお持ちくださいね。




白いごはん、炊き込みごはん、豚汁などご用意しております。

実行委員会の「食堂ココ、シシバ」以外にも、



○ハンドドリップのとってもおいしい珈琲、手づくりお菓子の【CafeBanraiken

○天然酵母パンの【amipan】はサンドイッチとその他いろいろなパン

○おいしいお菓子と、今年はカレーを販売予定の【ほりがね堂

○三十祭の数日後に松戸市五香にオープンの【Cafe&Diningリンネ



と、おいしいものがたくさん揃います!

お気に入りの食器でいただけば、おいしさも倍増です♪


ぜひ、お皿、お椀、コップ、お箸やスプンなどお持ちくださいね。




                              ゆみえ


2013年10月9日水曜日

中村順二美術館






白井から柏に向かって国道16号線を10分くらい進むと大津が丘があります。

そこにひときわ瀟洒な建物があります。

それが、【中村順二美術館】。


ここは、いつも素敵な人たちに出会える場所です。

館長さんとみやこさんが出迎えてくれて、そこに居る人同士を紹介してくれます。


美術館では、様々な企画展や、順二さんの作品の展示など、

その時によって、観られるものが違うのでいつ行っても楽しめます。

今度の展示は漆の展示だそう。

◯深澤 誠太郎 個展(漆工芸)
10月23日(水)〜11月3日(日)月火休館
※10月26日は14時からウェルカムパーティがあるそうです。



館長さんの手打ちそば、みやこさんのカレーをいただけるカフェも。

これからの季節は、チョコラーダがおすすめ。

寒い時にあったかいチョコラーダ。

ぴりっとスパイスが効いて大人の味です。



今年の三十祭では、中村順二美術館で販売している「さをり織り」の小物を

てまめやで販売することになりました。

鍋敷き、小銭入れ、ポーチなど。

その他にも、HamatsuWakiさんのポストカードや木のスプーン、フォークなど

日常の中で、ほっこりする様なものをてまめやでは扱います。


いよいよ今週末に迫った三十祭。

追い込みで、準備を進めております。


ぜひ、遊びにいらしてくださいね。

アクセス方法は、下記のリンクをご覧下さいませ。

日曜日、森のはらっぱでお待ちしております。




                     ゆみえ




2013年10月8日火曜日

森の学校




先日ポスターを貼ってもらうお願いをしてまわっている時に

前から気になっていたところへ行ってきました。




鎌ケ谷駅の近くにある森の学校です。

三重県の小学校が廃校になった時にそちらから、

校舎の一部を移築し、机や椅子、平均台などがやってきたそう。



緑溢れるお庭から中に入ると店員さんが温かく迎えてくれました。

ポスターのお願いの合間にひととき、ほっとのんびり。

バナナと青菜のスムージーをいただいて、元気が出ました。



三十祭の説明をすると、

興味を持ってくださって、とっても嬉しかったです。

遊びに来てくれるといいな。




森の学校では、

身体に優しいお食事や飲み物、そして、たくさんの本が迎えてくれます。

お隣には、自然療法サロンもあって

カフェでプチマッサージ(だったかな?)も受けられるようです。


また、のんびりしに行きたいと思います。

お食事もとてもおいしそうでした。

みなさまもぜひ、ランチにお茶に行ってみてください。






                          ゆみえ





2013年10月7日月曜日

2013 ココシシバ食堂

今年もいよいよ今週末に"三十祭"が近づいてきました。

今回は、三十祭実行委員が出店するココシシバ食堂をご紹介したいと思います。

ココシシバという名がつくように、メニューは白井の名産や地元で作られたものを使って

心をこめて美味しいものを作り、みなさんに召し上がっていただきたい

という気持ちで考えています。

まずは、とってもお腹がすいたお昼時には、

土鍋で炊いたご飯を結んだおむすびを

今年は、塩むすびときのこの五目炊き込みご飯の予定です。

そして、おむすびと一緒に、手作り味噌を使った豚汁もどうぞ。

はらっぱで、のんびりと過ごしたお昼下がりには、

白井市のカタチをした、ココシシバさぶれや

名産の梨を使った梨タルトや

パイ生地から手作りの梨パイをおやつに

ココシシバさぶれは、

千葉県の名産 落花生と白井の名産 梨を使って

オリジナルなものを作りたいという気持ちから

試作を重ねて出来上がりました

落花生の香ばしさと砂糖を一切使用せず

煮詰めて使用している梨の甘さがやさしいさぶれです。

そして、ココシシバを知ってもらいたいという気持ちは

型を手作りして、シシバ(神々廻)の場所を印していますので、

どうぞ食べる前に確認してみてください。

また、多くの方に手作りなんですか?レシピは?と聞かれる

三十祭特製のジンジャーエールもお目見えします。

使用する生姜により、味が変わるのも楽しさのひとつ

はらっぱで遊びつかれたら、ゴクッと一杯いかがでしょうか。

麦茶もありますよ。

2013年10月5日土曜日

みんなの力で作り上げた





今日は友人の結婚式でした。





手づくりの結婚式で、みんなで協力して、素敵なひとときになりました。

パーティの会場、手と花 に集まった皆さんが尺八の音で式の会場へと誘われます。

式の会場は手と花の二階にある楽道庵

時間を積み重ねた日本家屋の中に灯がともり、新郎新婦が入場し、みんなで乾杯!

そのお神酒のとってもおいしかったこと!


今回、私はパーティのお料理を作らせていただきました。

野菜をたっぷり使って、満足してもらえるようにたっぷりめのお食事を。




新郎新婦の二人から、


お客さまにたっぷり召し上がっていただけるように、とのリクエストをいただき、

色々作りました。

今までで一番多くの方への提供で、予測できない部分もたくさんあったのですが、

当日、スタッフのみんなにもたくさん手伝ってもらってなんとか作りきりました。

やってみてわかることがたくさんあって、

やる前に「ああいう状況になったらこうだから、できないかも・・・」と考えていないで

やってみたらいいのだ、と言うことを改めて実感。

おいしいと感じてもらえるか、量は足りるか、、など不安はあったけど、

挑戦してみて良かったと思いました。




やったみたいと思ったらやってみること。

三十祭の一番最初の時にそうだったね、、と思い出しました。





新婦がかわいい唄をうたったり、みんな踊ったり素敵な結婚式とパーティでした。



みんなの力をたくさん借りて、素敵な式が出来ました。


三十祭も、実行委員のみんなの力が集まっているからこそ開催できています。

人っていいね、と思ったのでした。

みんな、ありがとう!



そして、お幸せに!!

2013年10月3日木曜日

こころ

雨が降ると、

1 濡れて寒い

2 仕事がはかどらない

3 恵みの雨なのでちょっと嬉しい

正解は、、、、、




あ、みなさんまたお会いしましたね!

私です。こんばんは。

ちなみに正解は、、、、、全部!



・・・・・・・・・・



さて、




今日は日中雨が強く降り、上記の1と2で心がどんよりの一日でした。

が、ふと空を見上げると


まーるいおおーきなー♪
大きな虹が~。

迷わず仕事を投げ出して鑑賞しました。


その間5分くらいでしょうか?すぐに消えてしまいましたが、心が救われた気がしました。

辛い事の後には必ずいい事がある!


そしてもちろんその後は「おーいはにまるくん」の歌が頭の中でループしてました。

今もなお。

え? 「おーいはにまるくん」を知らない?

そんな馬鹿な、、、、。

月日が流れるのは早いものですね。

みんなも気をつけよう☆


2013年10月2日水曜日

今年、参加の【リンネ】に行ってきました


  松戸市五香の懐かしい商店街にリンネは、もうすぐオープンします。

現在、店主の長谷川さんがご友人の大工さんと一緒に

毎日、お店作りをなさっています。

そのお店にお邪魔しました。



和服姿で迎えてくださった長谷川さん。

ずっと音楽をされているそうです。

お店の中は素敵な音楽が流れていました。



ご夫婦や恋人同士で休日ゆっくりしにいくのも良さそうですし、

ご家族で夕ご飯を食べに行くのも良さそうです。




外観はチョコレートいろの壁にキャラメル色の扉です。



珈琲や、お菓子、自家栽培のお野菜を使ったお食事もいただけるそうです。

通り道の方は、仕事や学校の帰りにちょっと寄って、まったりされてみてください。

また、今日はリンネの日と、車や自転車で行って、

店主自ら育てた野菜のお料理でお食事をするのも素敵ですね。

駅からも近いので、電車の方もぜひ。

(新京成線五香駅より5分くらいかな。。)




オープン前とあって、まだまだお忙しそうでしたが、
 
素敵なお店になっていくのが楽しみです。

☆詳しくはホームページを! → リンネ






リンネの開店は三十祭が終わった後。

開店前に、ちょこっとリンネの世界に触れられます。

森のはらっぱで、素敵なご主人がお待ちしています。

会いにきて、松戸市の素敵なお店の扉を開いてくださいね。







2013年10月1日火曜日

2013年 開催地

近日 アクセス専用のタグが出来ると思いますが、
今年は、これまでとは違った場所での開催となります。

でもご心配なく、同じ区内の神々廻(ししば)の森のはらっぱです。

ヒントは、
●16号線という道路を使用してくる方は、
千葉県白井市白井交差点から59号線の木下(きおろし)街道へ進み、
坂を下り、上り、《ここまではこれまでの開催地と同じです》
今年はそのままもう少し750メートル程進み、
左手にラーメン屋さんを通り過ぎたら右手に注意して、
斉藤牛乳店の看板が見えたら、二本ある左折道の手前の道を曲がります。
手前の道が斉藤牛乳店の5メートル程手前の為、ちょっと注意してください。

●印西方面から59号線の木下(きおろし)街道を使用してくる方は、
右手に白井車庫(バスの車庫)を通り過ぎたら、左手に注意して、
500メートル程進んだとろこにある斉藤牛乳店の看板が見えたら、
二本ある右折道の奥の道を曲がります。

ここまできたらもう大丈夫!
あとは森のトンネルを進んで、ワクワクを楽しみながら、
右手に広がる会場の森の入り口をくぐって来てください。

住所をあまり公表していないのは、
白井を見て来て欲しいのと、
ワクワク感を味わって、より楽しんでもらいたい気持ちもあるからです。

当日、はらっぱでお会いできるのを楽しみにしています♪

2013年9月30日月曜日

今年のポスター

こんな感じでーす♪

しんぷる♪


今年は遅めの配布になってしまいましたが、掲示にご協力いただいている方々を訪ね

「今年も開催します!」とお話しできるのは幸せな事です。雑談もまた楽し。


今日最後に伺ったアンの家さんではジャズライブが行われていて、

お腹がすいていたのでライブを見つつカレーを食べました。

いつも通りうまい!正解!白井に生まれて良かった!

三十祭のポスター、どうぞお見知りおきを~(^0^)


カレー♪

2013年9月26日木曜日

苦手意識






パソコンを毎日開くことは ない。

と言ったら驚かれました。

最近はブログの更新で毎日のように開いていますが、

少し前までは一週間に一度か、長く空くとひと月開かないこともありました。


パソコンのことが少しわかったのは、

昨年、少し事務職をやらせていただいた時。

教えてもらって、中のものの管理の仕方がわかってきました。


でも、今使っているパソコンはそれよりもずっと前に使いはじめたもので、

どこに何が保存されているのか わかりません。

もう、しっちゃかめっちゃかで満杯です。

写真のデータがいっぱいになってしまって久しいのですが、

まだ、データの移動も出来ておらず、

さらに、電池が壊れてしまい、ノートパソコンなのに動かせない状況になっています。

コンセントを繋いでいないと 電源が入らないのです。

どうしても移動したい時は、一度消してから

移動して、また起動してもらいます。


電池を変えることと、データの移動と整理をすれば

もっと快適に使えるのはわかっているのですが、

なんで、なかなか着手できないのでしょうか。

パソコンは難しい と思っているところがあるから、

ずっと放ってあるんだと思います。

苦手意識がとてもあります。


写真が取り込めないから、今までのデータの中から選んで使っています。

年末までには、やりたいなあ。


パソコンは便利です。

色々助けてもらっています。

でも、使い方を知らないとこちらが振り回されてしまう様な気がします。

保存しておく場所のこととか、アップデートとか、

わからないことは、放ってきてしまったから、ぐちゃぐちゃになってしまっています。


このブログをやったり、三十祭の運営に使うようになってからも

少しずつ、教えてもらうことがあって、わかることも増えてきました。

苦手意識がちょっと小さくなった様な気がします。

これからは少しずつ、データの整理と管理を出来るように頑張ります。

苦手意識を持ってしまうと、なかなか覆すのが難しいけれど、

よいきっかけをもらえた様な気がしています。





一番上の写真は

群馬県の小さなマーケットへ行く途中で撮ったもの。

木陰と、その向こうの淡く青い空と緑の田んぼがきれいでした。





                           ゆみえ

2013年9月25日水曜日

気もち

だんごだんごだんごー♪

だんごーをーたべーるとー♪

にほんにほんにほんー♪

にほんにうまれてきてほんとうによかったとおもーうよー♪
(字あまり)

また歌ってしまった。

白玉ぜんざいさん(友情出演)





あ、みなさんまたお会いしましたね!

世界もちもち部・部員の私です。

こんばんは。

ところで、さっき家の前を学生が歌を熱唱しながら走り去りました。(自転車)

その熱い気持ち、オレは確かに受け取ったぞ!

ただし!

ものすごく!

ヘタだった!うん。





さて、




いつぞや「お茶の時間」について書くと言ってのびのびになっていましたね。

今日はその話題を。


仕事(肉体労働、簡単に言うと工事)でお客さんにお茶の差し入れを頂く事がままあります。

ペットボトルや缶のお茶・コーヒー等が多いですね。

郊外の方では庭に椅子やテーブルが用意され、熱い緑茶を頂く事もあります。
 
なかには到着するなり

「まま、とりあえずお茶でもおかがですか?」

とお茶やお菓子を頂き、だんだんと話に花が咲いてしまい、

作業に入るまでに小一時間なんて事もありました^^;


これは冗談ですが↓

「お茶が出ると注文以上にサービスしちゃうよね☆」

「そーだよねー♪」

なんて言い合う事もしばしば、、、、

でもこれは冗談じゃないと言っても過言ではない!と思う時があります。


お茶をいただくと仕事の緊張がほどけて気持ちが安らぐというか、

お客さんとの距離が縮まった感じがしますし、その後何となく気分良く作業できるんです。

結果としてより良い仕事につながる、と。


大抵の工事現場の稼働時間は8時から17時です。

その中でいわゆる「いっぷく」(休憩)の時間は10時と15時、昼は12時から13時

2時間おきに休憩している事になりますね。


人間の集中力は2時間しか持たないって聞いた事ありませんか?

上記の休憩間隔が2時間ずつで、まさにその通りになっているのです!
(※注:この記事のピークはここなので嘘でも驚いて下さい)

「おお!」

はたから見れば単なるお茶の時間ですがちゃんと意味があり、

経験から生まれ定着したものなのだと思います。


ですから皆さん、工事業者さんにはお茶を出すとプラスに働きますよ☆
 (見知らぬ人が家に来るのですから、少しでも親しくなるための知恵なのかなとも思います。)

お客さんと業者の関係は、お金のやり取りで事は済んでいるわけなのですが、

それでも家に来る人は誰であろうともてなす(←タイムリー)気持ち(習慣)は

これからも続いて行って欲しいですね。



気もちの問題ですが、大切な事ではないでしょうか。

お、ここにも”もち”が。

・・・・・・

ヾ(;´▽`)``
オアトガヨロシイヨウデ


2013年9月24日火曜日

始めました。

こんにちは、ちさこです。

めだか、飼い始めました。
主人と長女が。
小さくてかわいいです。

覗き込むと隠れてしまいます。
エサをあげるときに、食べるまで火鉢(水槽)を軽くトントンとやっていると、
そのうち、トントンとするとエサがなくても顔を出すようになるそうです。





小さくてかわいい命。
長女に大切にしてほしいです。

2013年9月23日月曜日

いただきます。

台風が気になるこの時期、水曜日から土曜日まで台湾へ遊びに行ってきました。
今回で十数回目のお伺いとなったけれど、
また新しい台湾を見て、楽しんで、味わってきました。
えっ、そんなに行くの?また?と思う人もいるでしょうが、
毎回発見があるから行ってしまうんです!
というのも、アテンドの上手い、台湾人の友人が現地にいるからなのですが

九月中旬は、日本には十五夜があったり、秋分の日があったりしますが、
台湾も秋を感じる中秋節があります。
今年は19日と20日が中秋節で、国民の祝日となっていて、
家族で過ごすことが多いそうです。

そこで今回は、大学時代の同級生の親友のご実家に遊びに行き、
最近は、家族でBBQをするのが主流ということで、
その輪に参加させてもらいました。

そのご実家は、台湾の中部である嘉義市街から1時間程の田園地帯にあり、
二毛作と言っていいのかな?温かい気候の為、
年2回お米が収穫できるので、あと20日くらいで収穫という
青々とした稲が一面にそよそよとする田んぼの中にありました。

家の隣には、自家用の畑があって、
パパイヤの木にぷっくりと膨れた実がなっていたり、
どこかで見たことのある野菜と思ったら、落花生が栽培されていたり、
黒い毛の鶏が飼われていたり。

ん?・・・BBQ・・・鶏・・・
もしやと思っていたら、その鶏が2匹こんがりと焼かれて出てきました。
一度、クリスマスに鶏の丸焼きに挑戦したことがあったので、
鳥肌の姿には驚きはしなかったのですが、
鶏冠の顔つきにはちょっとびっくり。

でもでも、今までに味わったことのない美味しさで、
まさに”いただきます”(命をいただく)だなと
妙に納得した体験となりました。

美味しい季節の秋、いただきますを言って味わいたいものですね。

2013年9月22日日曜日

味覚の秋

こんばんは、ちさこです。

いつのまにやら蝉の声は聞こえなくなり、虫の鳴き声が聞こえてきたり
朝晩の気温はすっかり秋ですね。

むねくんに対抗して…るわけではございませんが。。。
秋の味覚、炊き立ての新米とこんがり焼いた秋刀魚をいただきました。

季節のものをいただく。
日本に生まれてよかったと思う時です。



 
 
 

ごちそうさまでした。

2013年9月21日土曜日

えこさんのうた

先日、バンライケンの2周年記念イベントへ行ってきました。

えこさんのライブ。

あんまり、ライブは行ったことがないので緊張気味に伺いました。


もう始まっていて、やさしい声とピアノの音色が聞こえてきました。

珈琲とベーグルサンドをいただきながら唄声に身をまかせていると

お客さんも声を出してみましょう、と。


こういう時はいつもちっちゃな声でうたいます。

でも、えこさんの誘導でみんなだんだん大きな声に。

人と一緒にうたうのっていつ以来だったっけ。。

思い出せないくらい前。


なんだか、心の奥の方のぎゅっと固まっていたところが

優しく緩んだのを感じました。


はなうたをうたって毎日を過ごしたら、世界が平和になるかもね。


いつの間にか、えこさんの世界に引き込まれ

みんな楽しそうにうたっていました。

きっと私みたいに、心が緩んだ人もいたでしょう。

いつもうたが身近に在って、楽しくうたった人もいたでしょう。

懐かしいうたに、小さな頃を思い出した人もいたでしょう。


音楽ってすごいなあと思いました。

心にすーっと入る。



はなうた、今日のどこかにうたってみてください。




                              ゆみえ





2013年9月20日金曜日

白井のいいとこ





一番最初に三十祭をやらせてもらおうと思っていた旧平塚分校。

私が小学校の頃は現役で、同級生の通う小学校の校舎として活躍していました。

本校に通っていた私はあまり行くことは無かったのですが、

何かの用事で何度か行ったことがあります。

今でも覚えている

廊下に並んで何かを待っていた時の日差しの暖かい感じや、木の床、壁の温もりは

小さな頃の私をあったかく包んでくれていました。


大人になってから訪れてみると

思いのほか小さく、天井も低く感じて不思議な気持ちになりました。

ここで、毎週末、市が立ったら素敵だろうなあと思います。

有機栽培や味がご自慢の野菜たち

安心素材のせっけん

一針ひと針ちくちく縫われた服や小物たち

おいしい食事や丁寧に入れたお茶。



食材や食器、衣服や靴や下駄、絵やオブジェ、庭のものや家の中のもの

白井の人達が集まり、さらによそからも人が来て、交流が生まれたり。

いつか行った、イギリスのマーケットはそんな風なおもむきでした。

フランスでも曜日ごとに市の立つ場所があって、食材の市、オーガニックものの市、

骨董品など古いもののある蚤の市など、色々あって面白そうでした。

子どもの頃に行った、勝浦の朝市もおばあちゃんが作ったわらじや

朝捕って来たばかりの魚、野菜などがずらり並んでいたのを思い出しました。


売る人と、買う人の間に隔たりが無く、

手から手へと受け渡されるものは、売る人も嬉しいし、買う人も嬉しい。

使ってくれる人、食べてくれる人が分かって、

作った人、育てた人、捕った人の顔が見える。


いつか、そんな市が白井にも出現するといいなあ。


そんな空想をしながら、平塚分校の校庭をぶらり歩いた時のことを思い出しました。

白井のいいとこ、平塚分校。



明日は土曜日。

どこかできっと市が立ちますね。


素敵な週末をお過ごしください。





                               ゆみえ








 

2013年9月19日木曜日

お月見


今日は十五夜。

お月見をしました。

昨年は台風が来ていて、お月見どころじゃないね、といいながら

さんまを食べていたら、月が雲の隙間に顔を出したのを思い出しました。


今年は雲一つない空のまんまるお月さんが顔をだして

頭の上でにこにこと、輝いていました。




日が沈んで、月が昇って。

毎日の営みに狂いは無く、

今日も平和に一日を終え、お月見をすることができました。


明日はどんな一日になるかな。

月を見た心で明日もすごそう。


自分の暮らしの営みを省みた お月見の夜でした。




                              ゆみえ







2013年9月18日水曜日

夢を叶える

「揚げた秋刀魚と水茄子の南蛮漬け風」

恐らく白井で一・二を争う南蛮漬けファンの私としては

例えお金が無くても注文しなければならないメニューである。

いや、お金が無いのはダメです、やっぱり。

・・・

がしかし、秋刀魚の読み方が急に不安になってきて

注文が決まらないフリをしつつ時間を稼ぐ私。

ピンポーン♪と係を呼ぶボタンが席に無いという事が、

店の格式を一段と高く感じさせる。
(ちなみに寿司屋です)

・・・

すみませーん。(←友人)

おい!(←私)

つ、ついに決戦の時が来た。

やって来たのは高校生?ってくらいの年の男の子。

これはますます負けられない戦いになってきたーーーー!

「えーと」

「揚げたサンマと水茄子の南蛮漬け風!!」

・・・

秋刀魚のとこを小声にしてしもたがな!

係からの応答が無い、、、

普通なら繰り返し読み上げてくれるのでは、、、

判定を請うべく眼差しを向けると

「はい、みずなすをお一つ」

あれ?

水茄子はどちらかと言うとサブ的役割だし

繰り返すならそこじゃないでしょ?

きっとこの子も秋刀魚読めないんじゃ?、、、

・・・

この子には勝った!

って何歳下だって話ですよ。

それに小声にした時点で自分に負けていた。

いや、でも、でも、、、。




あ!みなさんまたお会いしましたね!

手巻き寿司パーティーが大好きな私です。

こんばんは。

ちなみにこの南漬けは今まで食べた中で三番目に美味しかったです!




さて、




いつぞや作った唐辛子味噌が底をつきそうだったので、

代替えの何かを作ろうと急に思い立ちました。

そこで思いついたのは、、、五平餅!(の味噌)

五平餅は棒に平たくくっつけた餅に味噌だれを付け焼いたものです。



小学校の確か家庭科の教科書に写真が載っていて、

今の今まで「美味しそうだなぁ、いつか食べたいなぁ」と

頭の中に浮かんでは消えを繰り返してきました。

数十年の時を経て大人になった私は、

オトナの財力とインターネットという文明の利器の合わせ技で

いざ実行に移す事を決意しました!!



てことで、


胡麻、クルミをする

胡麻、クルミ、味噌、砂糖、酒、を混ぜ練る

ごはんを餅状にし棒に付け焼く

味噌を塗り焼いて完成!

味噌が香ばしくておいし~^^

夢が一つ叶ったよ~^^



でも何か違う!(と思う)

何だろう何が違うんだろう、、、、

本場がどこか知らないけど現地のものを食べないと

このモヤモヤが晴れない気がしてきた。

こうして五平餅はまた夢になったという事です。

めでたしめでたし。


追伸
クルミは胡桃と書くみたいです。




2013年9月17日火曜日

はらっぱ部








はらっぱで三十祭を開催するようになってから

はらっぱっていいな、と思うようになりました。


小さい頃、栗畑にピクニックに行ったのを思い出しました。

田植えの時のおやつもあおい草の上でした。

江戸川の土手滑りもつやつやの草の上を滑り降りました。

思えば、草の上で過ごした思い出がたくさんあります。

白井に生まれ育って、

いつも身近に緑の草、木々、畑、田んぼ、お百姓さんの姿がありました。


遠い遠い異国に地に憧れたこともあったけど、

自分の身の回りにあるものの良さを見つけることができた様な気がします。


学校の帰り道に草を摘んだこと

オシロイバナを通学路にずーっと咲かせようと種を取って撒きながら歩いたこと

森の中に秘密基地を作ったこと

空き地で駆け回ったこと

田んぼに蛙のたまごを見つけたこと

毒のある蛇が出て、みんなでぎゃーぎゃー言ったこと

何気ない毎日の暮らしの中のひとときですが

その中で色んなことを

私に教えてくれたんだと思います。


自然の怖さや偉大さも

それは言葉で言われるのではなく、誰かに教えてもらうのでもなく

森の真っ暗な姿や、川の溢れる様子、自然の中の生き物から教えられたのだと思います。


ゆっくりと興味のある対象に向き合うことの出来る生活があったのだなぁと

思い出しました。


あの頃よりは、森もはらっぱも少なくなってしまったけど、

いまでも緑と田園風景の広がる白井。

見つけたはらっぱでおもしろいことをする“はらっぱ部”を三十祭の実行委員の

メンバーで立ち上げました。

ただ、はらっぱに興味を持って、はらっぱで何かをしようというコンセプトで

何かして行こうと思っています。

まずは、秋のはらっぱでピクニックかな。。。



最近、素敵なはらっぱをいくつかみつけました。

まだ、はらっぱが残っていることがとても嬉しかったです。



                             ゆみえ

2013年9月16日月曜日

沼南のふる協まつり

台風、今まさに関東に近付いております。

昨日は仕事も休みになりましたが、予報ほど雨も降らず良かった・・・・・

はずなのですが、人間の心理って分からないもので、

台風が来る!と構えていたのに何も無いと、何となく物足りない気持ちが無いでもないという。

でも急に強い風が吹いたりすれば

「怖い!やめて!ごめんなさい!」

と手のひらを返したように謙虚な姿勢になる。

こういうの思いあがりって言うんですかね。

自然を恐れる気持ちを忘れちゃいけないなって思います。

夕闇にそびえる一本の木がお化けに見えて震えていた小さい頃の私が懐かしいです。




あ、みなさんまたお会いしましたね!

駄菓子と言えばきな粉棒が好きな私です。

こんにちは^^(水曜担当だけど先週サボったので月曜に登場)

ちなみに、きな粉棒って楊枝の先が赤いとアタリのやつね☆




さて、




先週の土曜日にお隣沼南(しょうなん→湘南と良く間違えられる)の

「ふる協まつり」というのに行ってきました。

仕事の大先輩夫妻が手づくりのエコクラフト展示や布ぞうり作りなどを行うということで。

場所は高柳近隣センターです。

着いてみるとまだ始まって間もないのに駐車場はほぼ満車、

会場は沢山の人でにぎわっていました!


メイン会場。両側は食べ物屋、正面はステージ。

小腹を空かせていた私。何か食べようかなと思った矢先、

「もち」の文字が目に飛び込んできて、猫マッシグラとばかりに餅やさんへ一直線ですよ。

身近にもちがあるなんて、地球に生まれてきて本当によかったと思う瞬間です。

で、食しましたのはコチラ。

すでに一個食べちゃった後です。
「ねぎもち」(2個200円)

ネギと鰹節と出汁(?)がかかっていて実に美味しかったです!

奥様方がわいわいと作業しているのもほっとする光景で、いいですよねそういうの^^

黙々と食べていたら通りすがりのお父さんに「どこで売ってんの?」

と声をかけられました。

これも餅パワーですね。


その日は結構暑かったので逃げるようにセンターの中へ。

す、涼しいー♪

近隣住民の方々の作品(絵、写真、書、クラフト作品など)を拝見。

近所にもこんなに色んな趣味を持った人がいるんだなと思いました。

コーヒー喫茶があったのでちょっと一息

一杯100円。お菓子付き。

ついていると、実行委員のちさこ女史が子供2人とやってきました♪

綿あめやジュースをねだる姿がかわいらしいお姉さん。

こういう場で他の大人と触れ合う事が心の成長につながるのかなと思って見ていました。

よちよち歩きの下の子を抱っこしようとして手を払われてしまい、心が折れそうになりましたが、

後で一度だけ手を握ってくれたので良かったです。

大人もまた子供と遊ぶ中で学ぶ事がたくさんありそうだなと思った瞬間でした~^^;


楽しみにしていた布ぞうり作りは全部で3時間くらいかかるということで

残念ながら今回はできず、、、。

しかし「今度うちに遊びにきて作ったらいいよ」と講師の方に誘っていただきまして

日を改めて伺う事になりました☆


地域のおまつりって本当にいいものですよね。
(どっかで聞いたような?)

特別なものでなくてもいいんです。

日常の一部として人が集まるという事が大切なんじゃないかと思います。


というわけで、草むらから引っこ抜いた猫じゃらしで遊ぶうちの猫をご覧ください。



かしこ。

2013年9月15日日曜日

手をうごかす







手で作ること、心をこめて作ることを大切にしたいと思っています。

日頃使うものも、食べるものも、住むところも、

心をこめて作ってきたからこそ、大切に使えるのだと思うのです。

元気な身体や心を作ってくれるのだと思うのです。


先人たちは、作ったり、直したり、自分たちの手を動かして暮らしていました。

すごいなあと思うのです。

怠けちゃうから。

でも、ちょっとその怠け心を乗り越えて

手を動かすと気持ちいい。

ごはんを作ったり、服を作ったり、道具を作ったり。

なんだってできるのだなあ、と思うのです。


先日、竹のざるをいただきました。

丈夫で美しい。

人の手が作り出すものの素晴らしさをもっと、発見していきたいと思いました。



自分の生活は、自分の手をうごかして。

人の手が作り出した美しいものに手伝ってもらって

気持ちのよい日常を暮らしていけるようにしたいと思います。


ちょっとずつ、まずはできることから。




                             ゆみえ
 

2013年9月14日土曜日

amipanとほりがね堂






amipan、あみちゃんの愛の詰まったパン。

ほりがね堂、みゆきちゃんの心のこもったお菓子たち。

一度食べたら、心まで満足すると言うことがわかると思う。


10月13日(日)白井で会える、食べられる。


amipanはどんなパンが登場するのかな。

ほりがね堂はお菓子だけでなく、ちくちく小物もあるかもしれません。

どうぞお楽しみに☆




                       ゆみえ

2013年9月12日木曜日

“はらっぱ”について






初めは旧平塚分校でやりたいと思っていたのですが、借りることができずに

はらっぱでやることになりました。

流れでたどり着いたはらっぱだったのですが

とても気持ちよくて、遊びに来てくださった方もお店として参加してくださっている方も

のんびり過ごせるととても喜んでくださいました。

はらっぱで開催できたたことによって、

緑の中で過ごす気持ちよさを思い出させてもらいました。


子どもたちが走り回って、

大人たちも木を見たり、草の上にすわってのんびりしたり。。。


これからも、はらっぱが残っていくといいですね。



                            ゆみえ

2013年9月9日月曜日

秋の気配

秋の気配がしてきましたね。

と思っている今日この頃ですが、みなさんの秋はなんでしょうか?

サンサン太陽の光に青々とそよそよしていた稲が、

いつの間にか金色の穂をたわわに実らせてお辞儀をしていたり、

風が冷たいと感じるようになったり、

実りの秋の味のぶどうが食卓に登場するようになったり、

素麺じゃなくてにゅう麺が食べたいと思うようになったり・・・ほとんど食べ物(笑)

でも、それが秋なんでしょうね。


三十祭にもたくさんの美味しいものが今年も集まります。

詳しくは、第6回 参加者のタグにて。

ちなみに、我が家のおススメのぶどう屋さんは、

千葉県白井市今井にある湖畔ぶどう園さん。

美味しいのはもちろんですが、ぶどうの種類が沢山あります。

名前を覚えた方が早いのでしょうが、沢山あり過ぎて覚えられないので、

我が家のオーダーは、色と味と種の有り無しと粒の大きさなどで伝えています。




                             まぁ

2013年9月5日木曜日

森の中で香り高い珈琲を



三十祭の参加者を紹介していこうと思います。

今日は珈琲屋さん。

茨城県にあるCafe Banraikenです。

丁寧にハンドドリップで珈琲をいれてくださいます。

お菓子やベーグルも素材にこだわって作っているので

どれもおいしくて、いつも選びきれません。

三十祭では、珈琲とお菓子、ベーグルサンドなどを販売してくれます。



普段、お店ではランチも充実しています。

カレーやガレット、オムライスなどなど。

どれもおいしくて、おなかも心も満足になります。

かわいくてお洒落な店内で、のんびりランチをいただいた後においしい珈琲を。



ぜひ、行ってみてください。



今週の土曜日には二周年の記念イベントが行われるそうです。



                         ゆみえ

2013年9月4日水曜日

おすそわけ

昨日白井のスーパーの駐車場にいた時のこと、、

空が急に暗くなって、何だか嫌な感じがする風が吹き始め・・・


、、、、

これは!


部屋の窓が!洗濯物がー!

帰宅します!

という人が他にもいたらしく道路はほんの少しだけど混んでいた(ように感じた)。

あと5分で家、というところで、

ポツ

ポツポツ

・・・・・



・・・・・

ざざ

・・・・・

ザザーーーーーーー!!!

しゅーりょー♪



o(T◇T)oワーンワーン



あ!みなさんまたお会いしましたね!

おじさんの傘という話が好きな私です。

こんばんは。

それにしても最近こういう天気多いですよね?

この間の竜巻しかり。

でも、

地球だって長い目で見れば変化して行くんでしょうから、

仕方のない事なのかもしれないと言えばそうなのかも。

でも、、、、、、




さて、




キュウリをたっっっくさんもらいました!まぁ女史より。
(背景についてはコチラ参照)

ありがたやありがたやー。

はて、どうするのがいいかな、

いっぱいあるから、夏のダメージケアにキュウリパックでもやってみようかな

と、一瞬思ったけど

やっぱり食べる事にしました^^


まず適当に割って(大きめに)
ちなみに4本分

すりおろしたニンニク、鷹の爪、麺つゆ(好みで薄める。今回は1.75倍くらい)、

をキュウリと共に袋へ入れる。

たまにひっくり返す

数時間置けば簡単お漬物の完成!

ふう。

という自分にしてみれば張り切った日に限って夕飯がパスタで

「これ食べるの、ま、また今度にしようね?」

「そう、長く置いた方が味しみておいしいし!そうしよう!」


ま、白米を炊く気配が無い時点で予感してましたけどね。

優しい気使いに乾杯♪





2013年9月2日月曜日

夏の宿題

夏休みが終わって、 今日から学校がはじまるところが多かったのではないでしょうか?

私も、今朝、通勤途中に大きなバックを持った小学生を見かけました。

そのバックの中には、夏休みの自由研究が入っているのかな? 

宿題は無事に終わったのかなーなんて思いながら。 

実は、私も夏の宿題が出ていたのです。

夏休み最終日の八月三十一日と九月一日は、

我が家の畑大臣の母親が、孫に会いに 一泊二日で出掛けてしまったので、

その間に胡瓜(きゅうり)の収穫を頼まれていました。

母曰く、胡瓜はすぐに大きくなるから、

一日二回の収穫がいいんだよ。と

それまで、ご飯のおかずに使おうと畑に取りに行くことはあっても、

収穫管理を任されたことはなかったので、 

まさか一日二回の収穫タイミングの成長率は・・・ と内心思っていたら、

成長してました!! 土曜日の夕方にばっちりとお手ごろサイズを収穫したのに、 

日曜日の夕方には

スーパーでは売られていないサイズにまで 大きくなった胡瓜が40本も出来ていました。

こんな暑さでも、へこたれずにみずみずしく成長する力って すごいですね。

 ちなみに、40本の胡瓜は、上手くおすそ分けできましたが、

 今日も収穫ありでした(笑)


 私の宿題は75点かな?

ぱきら

「ぱきら」
うがっちです。

会社のチームの皆に結婚祝いでもらった「ぱきら」ちゃん。4か月です。

半日陰を好み、直射日光に弱い彼女ですが、最近ぐんぐんと芽を出し始めました。

8センチくらいの芽がグーンと


他に比べ、まだまだ小さい葉っぱですが、この2週間で一気に成長しました☆

大きな鉢に植え替えが必要になるくらい、大きく育ってもらいたいものです。

2013年8月30日金曜日

三十祭について








今回で6回目の開催を迎えることとなった三十祭ですが、

当初は文化祭みたいなことをまたやりたいね。という話から始まりました。

仕事ばかりしていて、他に何もしていなかった頃、

なんだか虚無感を感じていて、なにか楽しいことをしたいと思っていました。


そこで、おいしいものや素敵なものを集めて一日イベントをやってみたら

どうかなということになり、

声をかけさせてもらって森のはらっぱでのイベントになりました。

自分たちもカフェをやって。。。




ひっそりと森のはらっぱでやっているので

あまり知られていないと思いますが、

遊びに来てくださった方がのんびりと過ごせて

心のこもった、おいしいものや素敵なものに出会えるきっかけにしてもらえたら

と思っています。

また、三十祭の会場にいる全員が

自分を少しのんびりとさせる日にしてもらえたら私たちもとても嬉しいです。


5回の開催をしてきて

少しづつできるようになってきたこともあり

まだまだ思ったように行かないこともあります。

けれど、毎回多くの方のご協力とご理解を得て開催できてきたことに

感謝、感謝でございます。


今年も出店してくださる方々が決まりはじめています。

なしもくの「第6回 参加者」のページで紹介していますので、ご覧下さい。


風が秋めいてきました。

三十祭も、もうすぐそこまで近づいてきました。

今年もおいしいもの、素敵なもの、音楽、楽しいこと、色々ご用意して

お待ちしております。



                             ゆみえ

2013年8月29日木曜日

料理の引き出し





5年前の写真を見ていたら見つけたのは、

友達のうちに遊びに行った時にのお食事のもの。


その日、私は家から野菜を数種類持っていきました。

いんげん、トマト、茄子、などだったと思いますが、

祖母が育てて、収穫してくれたものでした。


夕方、友人宅に到着して、野菜を友人ママに手渡すと、

ぱぱーーっと料理になって、出てきました。

夕食をいただいてる間もどんどん作り続けるママ。

「お野菜は穫ったらすぐに料理しなくっちゃね!新鮮なうちにね!」

と言いながら、どんどんおいしい料理に変わっていきます。

私は、衝撃を受けました。


野菜がたくさんありすぎて料理しきれないことばかりだったから。

ご近所や親戚も農家が多いのでいただくとたくさんになります。



それで、料理しきれずにだめにしてしまうこともしばしば。

でも、仕方ないと思ってました。

だって、すごいたくさんだから。

だけど、ママの腕のふるいっぷりをみて、恥ずかしかった。



あれから5年経って

最近はたくさんの胡瓜や茄子も色々な料理に出来るようになってきました。

焼いたり、蒸したり、煮たり、

醤油にしたり、塩にしたり、味噌にしたり。。。



料理は慣れって言うけれど、

やっと慣れてきて、引き出しが増えたんだなあ、と思いました。


やれば、やるほど楽しい。

色んな人のお料理をいただいて、作ってみて、引き出しが増えていく。



今日も、おいしくごはんをいただけました。

どうもありがとうと、大自然に、お百姓さんに、言いたいです。

2013年8月28日水曜日

お茶の時間


お盆を境に暑さもひと段落♪

過ごしやすくなって良かったわぁ。

と浮かれていたら、

熱い!

、、、

腕にヤケドですよ奥さん。

もしくは姉さん。





あ!みなさんまたお会いしましたね☆

ヤケドに湿潤療法なる治療を試みている私です。

こんばんは。

ちなみに傷をか乾かさないように保つので、常に生々しい感じです。

え?原因は何かって?

女あそ、、、いえ、じ、自分の不注意です!以上!




さて、



この間仕事で訪問したお宅から自家栽培のトマトをいただきました。

プチトマトくらいの大きさで丸かったり長細かったり黄色かったり

色形さまざまでにぎやか♪

そのまま食べても十分に美味しいけれど、たくさんあったので

今日サルサソース(的なもの)を作りました。

荒く刻む

玉ねぎと混ぜる

オリーブ油+ニンニクを熱し香りが出たらそこに加えて混ぜます。

終了。

あ、あと塩適量。


これはサルサフレッシュというのに分類されるみたいです。

タコスのひき肉とアボカドを用意しタコス丼にしました。

おいしかったー。夏って感じで^^

もうすぐ9月。あっという間に秋が来てしまうのですかね。

夏よ行かないで~!


※紙面の都合により、タイトルの「お茶の時間」についてはまた次回書きます!


2013年8月27日火曜日

こんにちは、ちさこです。

私事ですが(私事多いなぁ)、庭がぼうぼうなんです。
他のメンバーの記事にもありましたが、「程よい草」ではなく、本当に「ぼうぼう」なんです!

でも、土剥き出しの茶色い庭は好みではないので、抜きまくりたくはない。
(現在は草刈機で刈っています)
でも時期もあり、すぐに膝くらいの高さまで伸びちゃうんです。

最近の雨にもきっと大喜びして今頃ぐんぐん伸びてるんだろうなぁ。


先日のゆみえの記事にもあった、鎌倉のカフェの写真のお庭、白井にある茜という食事処のお庭。
あんな緑が元気な素敵なお庭にしたいなぁと企んでいるところなんです( *´艸`)

こんな草木がおススメ!などアドバイスありましたらよろしくお願いします。
参考にさせていただきたいです♪




今年の菖蒲祭
 


2013年8月26日月曜日

挑戦状!?

おはようございます。
寒くて目が覚めてしまいましたが、
皆さまのモーニングタイムは清々しく起きれましたか?


夏も終わりを迎えつつありますが、
雨の少なかったこの夏は畑にとっては辛い時期でしたが、
最近の雨でオイラにとって辛い時期になってきました。

この雑草の量は半端じゃないっ!!!

朝早起きして10分15分作業するだけじゃ1畝も終わらないや。、。


実りの秋に向けて植物界はハイテンションタイムに突入です ( ̄。 ̄ノ)ノ


@なっち

2013年8月25日日曜日

花火大会

一番良く撮れていたカエル花火

うがっちです。


昨日、8月24日は地元の流山花火大会がありました。

江戸川対岸の三郷花火大会と合わせて、10000発の花火が夏の夜空を彩りました。


江戸川土手の会場あたりは大混雑ですが、

今回は家の近くの高台から、奥さんとゆったり眺めてました。


レジャーシートに座って、ビール片手に望む花火は、最高です!
(^_^)v

 

ところで、以前は白井でも盆踊りのときに花火が上がっていましたが、今はどうなのかな?

教えて白井の人!



2013年8月24日土曜日

お祭り

こんばんは、そしてお久しぶりになってしまいました。。。ちさこです。

今日は白井の夏祭りに行ってきました!
日中は蒸し蒸しとしてましたが、夕方はちょっと涼しくなってよかったです。

お店を見たり、ちょいちょい食べてみたり。。。
花火を見て、抽選会の番号に耳を傾け。。。

長女が踊りたい!と言ったのですが知らない曲だったので、
知ってるの(白井音頭)にしよう、と言い、白井音頭になったので行こうかと誘ったら、
恥ずかしいから、と断られてしまいました(涙)
あまのじゃく。。。。

なので、輪の外で二人で踊りました( ̄▽ ̄)

その途中、やたらキレのある踊りをする同年代の女性がいるなぁと見ていたら、
中学の後輩でした!
いやぁ、いい踊りを見せてもらった!(笑)


抽選会の前くらいに、実行委員のむねくんにも会いました。
その少し前まで、打ち合わせで一緒だったんですけどね(^-^)



さて、三十祭まであと約2ヶ月ですね!
2ヶ月なんて、ホントあっという間です。
これからが色々準備することがあります。

一つ一つ漏れの無いように。。。
その一つ一つの準備がお祭りへの気分を盛り上げてくれるんですよね。

さぁ、今年もお祭りへ向かって楽しく行きましょう!!



今年の田植え↓
 

実行委員長と副委員長(仮)さん、 ちゃんと仕事してる?

長女の精一杯(^_^;)
 
おいしいお米が出来ますように。。。

2013年8月23日金曜日

できたて一丁ください








豆腐屋さんを見つけると、買いたくなります。

私の住んでいる白井には豆腐屋さんが、無いと思います。

少なくとも、近くにはないです。

だから、作り立てのお豆腐が買えるとなると

心躍って、遠い町でだって、豆腐やあぶらげを買っちゃいます。

先月滞在していた群馬県の街には豆腐屋さんがありました。

朝、起きて豆腐を買いにいく。

そして、そのお豆腐でみそ汁を作る。

最高でした。

麻婆豆腐も作ったけど、好評でした。





豆腐屋さんの近くに住めるといいなぁと思っています。


                            ゆみえ