2013年8月24日土曜日

お祭り

こんばんは、そしてお久しぶりになってしまいました。。。ちさこです。

今日は白井の夏祭りに行ってきました!
日中は蒸し蒸しとしてましたが、夕方はちょっと涼しくなってよかったです。

お店を見たり、ちょいちょい食べてみたり。。。
花火を見て、抽選会の番号に耳を傾け。。。

長女が踊りたい!と言ったのですが知らない曲だったので、
知ってるの(白井音頭)にしよう、と言い、白井音頭になったので行こうかと誘ったら、
恥ずかしいから、と断られてしまいました(涙)
あまのじゃく。。。。

なので、輪の外で二人で踊りました( ̄▽ ̄)

その途中、やたらキレのある踊りをする同年代の女性がいるなぁと見ていたら、
中学の後輩でした!
いやぁ、いい踊りを見せてもらった!(笑)


抽選会の前くらいに、実行委員のむねくんにも会いました。
その少し前まで、打ち合わせで一緒だったんですけどね(^-^)



さて、三十祭まであと約2ヶ月ですね!
2ヶ月なんて、ホントあっという間です。
これからが色々準備することがあります。

一つ一つ漏れの無いように。。。
その一つ一つの準備がお祭りへの気分を盛り上げてくれるんですよね。

さぁ、今年もお祭りへ向かって楽しく行きましょう!!



今年の田植え↓
 

実行委員長と副委員長(仮)さん、 ちゃんと仕事してる?

長女の精一杯(^_^;)
 
おいしいお米が出来ますように。。。

2013年8月23日金曜日

できたて一丁ください








豆腐屋さんを見つけると、買いたくなります。

私の住んでいる白井には豆腐屋さんが、無いと思います。

少なくとも、近くにはないです。

だから、作り立てのお豆腐が買えるとなると

心躍って、遠い町でだって、豆腐やあぶらげを買っちゃいます。

先月滞在していた群馬県の街には豆腐屋さんがありました。

朝、起きて豆腐を買いにいく。

そして、そのお豆腐でみそ汁を作る。

最高でした。

麻婆豆腐も作ったけど、好評でした。





豆腐屋さんの近くに住めるといいなぁと思っています。


                            ゆみえ

2013年8月22日木曜日

ココロに響く言葉



くりーむあんみつ。

これは、結構ココロに響くことばではないだろうか。

少なくとも私のココロには 

一度聞くとこだまのように響いて、忘れられなくなってしまう。



昨年の夏、寒天を作ることになって天草を入手した。

天草を酢を入れたお湯で茹でて 漉すだけで

簡単に寒天は出来てしまった。

その寒天はとてもおいしくて、びっくりした。

これで、くりーむあんみつを作ろうと思った。

天草から寒天を作り

黒砂糖から黒蜜を作り、

小豆を煮てあんを。

そしたら、とびきりおいしいあんみつができるのではないか。

こうなったらアイスクリームも作るしかないかも。


まだ、実現していないけれど、

これは、結構ココロにゆとりが無いと出来ないと思っている。

まだ、そのゆとりが無いのだけど、来年くらいにはできるかな。



今年はもう、風が秋の風になってきたからな。

鬼に笑われちゃうけど、来年の夏にはやってみることにしよう。


とびきりおいしい(と思われる)くりーむあんみつ。

ココロに響くなあ。



                            ゆみえ

2013年8月21日水曜日

神々廻

グリーンカレーを作ろうと思って、

材料を買ってきた。

そういう時に限って、

晩御飯がカレー・・・・その日は断念。


まではいいのです。

何にしてもカレーは大好きなので。


でも、


数日ののち、待望のグリーンカレーを作り、

自分がよそう番になって釜にご飯が無い!

これには一種の怒りすら覚えます。

が、無い物は無いわけなので頭を冷やして、、、、

考えた末に「ひやむぎ」を茹で

グリーンカレーつけ麺!

なかなか美味しかったです。
 (思いっきりすすると辛さで咳き込むヨっ^^)



あ、みなさんまたお会いしましたね!

年と共に夜更かしできなくなってきた私です。

こんにちは。

そういえばタイに行った時、

一度もタイカレー的なものを食べなかったな~。

実際のところタイの人にとって一般的な食事なのだろうか?

情報求ム。




さて、




「神々廻」、これは


ししば、と読みます。

三十祭の会場である原っぱの地名です。

先日千葉県内の難読地名を集めた本が出版になったというニュースに

この「神々廻」の地名も紹介されていました。


【難読地名1000か所 1冊に】→難読地名1000か所 1冊に


県内には特色のある地名がたくさんあるんですねー。

「神々廻」の漢字を人に説明する時、


「かみがみ」に「輪廻の”ね”」と言うようにしています。

改めて考えてみると何か壮大な(?)言われがあるように思われますね。

いつかの市の広報に神々廻の解説が載っていたような。


、、、

あ、あった。歴史のしずく(5ページ目、歴史のしずく参照)


当て字と聞き間違えの末「神々廻」になったみたいですね。


割と単純!!


何事もあまり深く考えないでいい場合もあるってことですかね♪
 
と思いつつやっぱり何か言い伝えがあると思いたくなるような地名なのです。

「神々廻」


昔の人に会って話を聞いてみたいと思った夏の夜。




2013年8月20日火曜日

自然の恵み



雨が降ってきました。

恵みの雨。

春に畑に植えたいちじくが枯れそうだったのです!

昨年鉢でもらって、そのままにしていたのですが、

今年の春にやっと植える場所を決めて

植えました。

ぐんぐん背が伸びて葉っぱも増えていたのですが

夏になって、葉っぱの周りが茶色くなったと思ったら

全体的に茶色くなり

しおれてしまいました。

水が足りないのだそうです。


なるべく自然に任せたいけれど、

こうも雨が降らないのでは枯れてしまうと

先週から水をまくことにしました。

今日、元ベテランお百姓の祖父にみてもらったところ

空に向かって延びている枝の先の方が緑色なので

まだ大丈夫とのことでした。

そして、夜雨が降るとの予報でしたが

万が一降らないといけないと思って夕方お水をあげました。


でも、雨降ってきましたね!

いちじくだけで無く、まだ植えたばかりの枇杷、

水がもっと欲しい里芋にも恵みの雨です。

一本だけある赤紫蘇は、元気になるかな?

赤紫蘇はもっと増えて欲しいのです。

(しそジュースのために。)


畑は草が無いから、保水力も無いし

雨が降らなかったら水をあげないと植物たちが生きられないのですね。

もっと、早く気付いてお水あげれば良かった。

そうしたら葉っぱ落ちなかったかもしれないです。

いちじく、ごめん。

草と木も一緒の畑ができるといいなぁ。



次は、

畑の入り口に白い小さな花がたくさん咲く樹を育てたいと思っています。

まだまだ何もできないけれど、

植えたものを見守ったり、実や花、葉っぱなどの恵みを分けてもらったり

そう言うことができることに感謝です。


自然はただ。

ある作家の方が言ってました。

水をもらっても、木から実をもいで食べても

お金や見返りを請求して来ることはない、と。


自然ってすごいなあと思います。

その豊かな恵みをもたらしてくれる自然を壊すこと無く

次へつないでいけるといいです。



雨が降ったら風がとても涼しくなりました。

また、明日青空になるといいな。

雨をありがとう。


みなさんおやすみなさい☆



                    ゆみえ

2013年8月19日月曜日

秋ジャガ

こんちゃ。

大分朝の暑さは和らいだように思えますが、いかがですか?

うちの朝顔は種まきが遅かったので、育ちがまだまだな感じですが。


話しは変わって、昨日日曜日にジャガイモの種芋を植えました。

秋収穫の予定ですが、この畑、基本的に
自然に近い形で育てていこうと思っているので、
草木灰だけつけてやってみました。

どれだけ収穫できるか楽しみですヾ( ' ` )ノ゛


@なっち

2013年8月18日日曜日

カキ氷(直)


うがっちです。

土曜日は、お盆の後になってしまいましたが、
実家に戻りました。

お昼ごはんの後、車を借りてぶらっと散歩に出たのはココ。

『直』さんのカキ氷(ミルク+大盛り=350円)


市役所の前の道を印西方面に走り、突き当りにあるお店です。

周りは田んぼで、どうしてこんなところにお店が…と思いますが、

逆に、みどりの中で食べるかき氷として味わいを感じます。


ふわっと系の削り方で、

ボリュームはあるのですがさくさくと食べられる逸品です。


ミルク以外も美味しいので、

町民プール帰りとか是非寄ってみてください!!